フコイダンの効果を高める秘訣【7選】

フコイダン療法とは?代替医療で注目の理由を解説【フコイダン治療】

フコイダン療法とは?代替医療で注目の理由を解説【フコイダン治療】

フコイダンの治療法についての情報をお探しですか?
治療に関するフコイダンの情報については慎重に考える必要性があります。
モズクなどの海藻が天然の成分として持っているフコイダンの効果をそのまま治療に役立てるために大切なことを確認していきます。

医療界や美容業界、健康志向の人にも注目されるフコイダン。
この記事ではフコイダンを使った治療の方法についてわかりやすく解説します。

当サイト「南太平洋からの贈り物」ではフコイダンを正しく理解して高品質なフコイダンを選ぶための情報をやさしく解説しています。
オンラインショップはトンガ王国産フコイダンの専門店になります。

フコイダン療法とは?代替医療で注目の理由を解説【フコイダン治療】

フコイダン療法は代替医療

フコイダン療法とはフコイダンを活用した治療の方法のことで代替医療です。

代替医療とは
西洋医学と併用して取り組む治療法のことです。
フコイダン療法はサプリメントなどで摂取する健康食品なので食事療法に分類されます。
フコイダンの効果は西洋医学(標準治療)としては科学的には認められていないのですが、代替医療という分野において効果は認められています。

それはフコイダンが直接的に病気に効くという解釈ではなく、自然治癒力や免疫力を正常化させる特性を持つフコイダンを日常生活に取り入れることで、がんなど大病の治療効果を上げるために期待できるのだ、という認識です。

サプリメントで食事療法が主流

フコイダン療法は通常医療と併用するカタチでフコイダンを摂取するので一般的にはサプリメントです。
代替医療に分類されている治療法は、通常医療と比べて副作用が少ないのが特徴です。
補完的な治療法で、健康に問題のない人でも気軽にはじめられるのがメリットです。

代替医療の特徴
  • 副作用が少ない
  • 日常的に生活習慣予防や改善に役立つ治療法が多い
  • 西洋医学では科学的な効果は認められていない
代替医療というと日頃は聞き慣れないため、縁のない話しのように聞こえませんか?
でも、食事療法のほか伝統医学の漢方やヨガ、アーユルヴェーダ、鍼灸など聞き慣れた治療法のほとんどは代替医療に分類されています。
アロマテラピーの自然療法、手技療法の整体やカイロプラクティック、リラクゼーションの心理療法など多岐にわたります。

過度な期待は禁物です。

グーグルで検索すると分かりやすいですが、フコイダンによって治療の効果を期待されている代表的な症例はがんです。
医療従事者やメーカー説明、体験者談などが検索上位を占めています。
そのためフコイダンは癌に効くと結論づけてしまいがちです。
フコイダンはサプリや自然派コスメなどで馴染みがあるのと同時に、がんに効くかもしれないという大きな期待感を抱かせてしまいます。

正しい答えとしては、フコイダンは西洋医学(標準治療)としては科学的に効果は認められていないので直接的な効果はないと理解しましょう。
がんなどの大病の要因となる生活習慣病のリスクを減らす目的でフコイダンが期待されていることを覚えておきましょう。

基本的に医療と併用する場合においては必ず医師との相談が必須です。
なので、健康促進や予防のためにフコイダンを日常生活に取り入れる場合はその限りではありません。

いずれにしてもフコイダンの効果を期待するなら、成分としてのフコイダンをしっかりと理解して、どんなフコイダンをどのように取り入れるべきかは冷静に見極めていく必要があります。

成分情報は超重要です。

そのフコイダンの成分情報は把握していますか?
フコイダンのメリットやデメリットを理解したところでさっそくフコイダンを取り入れた生活を始めたいところですが、大切なポイントがあります。
健康食品としてサプリメントなどでフコイダンを摂取する場合、フコイダンの成分情報をきちんと把握すべきです。

その理由は、フコイダンの品質によって効果効能がまったく違うものになるからです。
どんなフコイダンがどのくらい含まれているのかをはっきりさせる必要性があります。
具体的には成分の状態を知って品質を確かめる、ということです。

フコイダンで把握すべきこと
硫酸基の結合含量13%
高純度85%以上の精製純度
原料の由来

上記については前記事の成分解説でもお伝えしていますが、成分の有効性を保った状態でなければ高品質なフコイダンとは言えません。
製品によっては明確な情報がわからない場合もあります。
フコイダンはたいへん有効な成分です。
それは数値で明確な情報を提示されていることが絶対条件です。

もし医師が薦めるなら、フコイダンの成分情報を詳しく説明してもらうべきです。
もしメーカー説明が見当たらないなら、他のメーカー製品と比較してみましょう。

高分子フコイダンか、低分子フコイダンか?

フコイダンで治療を考えたときに疑問に思うことのひとつが、高分子フコイダンか?低分子フコイダンか?という問題です。
これについては高分子フコイダンをお勧めしています。

高分子フコイダンを薦める理由
フコイダンの機能を発揮するのは高分子だからです。

高分子フコイダン

高分子は分子量が大きいため、基本的には摂取しても吸収されにくいとされます。
つまり高分子フコイダンを摂取しても吸収されないなら意味がない!という主張もあります。
しかしまったく吸収されないわけではなく、吸収された分はフコイダンとしての機能性が極めて高いということです。

低分子フコイダン

逆に低分子フコイダンを薦める主張もあります。
それは分子量が小さいため人間が摂取して吸収しやすいためです。
でも低分子フコイダンのリスクは、フコイダンの機能性の確保が極めて難しいという点です。

低分子フコイダンのリスク

上記「成分情報は超重要です」で説明した内容を思い出して下さい。
フコイダンの機能性を発揮するには成分の状態がとても大切だとお伝えしました。
もともとフコイダンは高分子であって、低分子化させたのが低分子フコイダンです。
つまり分子量の操作をしているのです。
フコイダンがフコイダンとして機能する状態が高分子なのに対して低分子にするとどうなるのか?
それはフコイダンを構成している成分の状態が崩れてしまうので、フコイダンとは言えない状態になってしまうリスクが潜んでいます。

もし低分子フコイダンを摂取したいと考える場合は以下の点を明らかにしましょう。

低分子フコイダンで大切なこと
成分情報は明確か?(硫酸基と精製純度)
フコイダンを形成する成分の構成状態は保たれているか?(硫酸基は崩れてないか?)
フコイダンの機能性を発揮できる状態だと確認できれば高品質な低分子フコイダンである可能性が高いと言えます。

低分子と高分子についてはこちらの解説も参考にして下さい。
フコイダン配合サプリは高分子を選ぶべき理由【高分子か低分子か?】

フコイダン治療で大切なこと【まとめ】

天然成分フコイダンの期待値はとても高いです。
そしてフコイダンという成分は効果を発揮できる基準がしっかりと定まっています。
よほどの新発見がないかぎりは成分情報の重要性は変わらないはずです。
何よりも治療効果を求めてフコイダンに辿り着いたのであれば、フコイダンを正しく理解する必要があることはお分かり頂けたかと思います。
正しい判断基準を知識として持っていれば、より高品質なフコイダンを選ぶことができます。
フコイダンを取り入れた生活を始める際の情報として、ぜひお役立てください。

詳しい解説はこちらをご覧下さい。
フコイダンとは?理解を深めながらサプリの効果を高める方法【7選】

フコイダンとは?まず最初に読んでほしい10記事を紹介!【入門編】