フコイダンの効果を高める秘訣【7選】

フコイダンは癌に効果あり?代替医療からみた理由【やさしい解説②】

from nature of Tonga

「代替医療」の視点からみたフコイダンについて解説します。
癌の治療に最善策とされる西洋医学「標準治療」に併用する形で取り組む「代替医療」について正しく理解するための情報をまとめました。

代替医療に分類されている治療法の数々は、聞き慣れた身近なものが多くあります。
日常的に取り組んで健康的な生活を習慣づけるたいと考える方にも参考にして頂ける内容です。

なぜフコイダンは癌に効果的なのか理由を解説【3つの治療法まとめ】
「西洋医学・代替医療・統合医療」のまとめ記事はこちらです。
フコイダンの効果効能について正しく理解するための情報一覧です。

フコイダンは癌に効果あり?代替医療からみた理由【やさしい解説②】

サプリメントとして摂取するフコイダンは「健康食品」です。
健康食品は「代替医療」に分類されています。
フコイダンは生活習慣病改善や予防に効果がみられるため、癌のリスクを低減させる「代替療法」として期待されています。

代替医療は副作用が少ないだけでなく、日常的に生活習慣病を予防・改善するために役立つ治療法が多いのが特徴です。

つまり。。フコイダンは科学的には効果を認められていないが、代替医療としては生活習慣病の改善や予防に効果が認められているため、癌治療に期待されている治療法のひとつ

代替医療とは?

代替医療とは西洋医学に分類されていない標準治療に代わる「補完的な医療」のことを言います。
第4の標準治療として注目されている免疫療法もこれに該当します。

  • 伝統医学 アーユルヴェーダ、ヨガ、鍼灸、漢方、気功 など
  • 食事療法 健康食品・サプリメント、マクロビオティック など
  • 自然療法 アロマテラピー、ハーブ医学 など
  • 手技療法 カイロプラクティック、整体、リフレクソロジー など
  • 心理療法 リラクゼーション、瞑想 など
  • そのほか スピリチュアル、ヒーリング、温泉療法 など
自然治癒力、つまり免疫力を高めながら治療を施すことは東洋の伝統医学においては基本となっており、代替医療の本質とも言えます。
代替医療は癌だけでなく多くの慢性疾患の治療にも効果があるとして広く認識されています。

代替療法の特長
西洋医学に比べて副作用が少ない治療法が多い
精神面や心のケアを重視している治療法が多い
日常的に予防や改善に取り組める治療法が多い
一般的に癒し効果と認識されている治療法が多い

代替医療としてフコイダンを摂取するときに大切なこと

近年は健康食品やサプリメントの種類が豊富なだけでなく製品としての「質」も高まっています。
手軽で期待値の高い健康食品やサプリメントですが、注意点もあります。

製品として質の向上は目覚ましいのですが、販売メーカーによって成分や含有量が大きく異なります。
とくにフコイダン製品においては各社が競うようにして、その効果効能を掲げています。
正しい判断基準を身につけて、良質で身体に合った製品を選ぶことが重要になります。

代替医療は科学的には有効性が認められていない治療法とされています。
しかし西洋医学との併用を推進する医師や病院もあり、代替医療の効果を期待されていることは事実です。

次の記事では、「西洋医学」に「代替医療」を併用する「統合医療」についてまとめました。
フコイダン効果で癌治療に期待する統合医療の理由【やさしい解説③】

⑥フコイダンとは?理解を深めながらサプリの効果を高める方法【7選】
フコイダン配合サプリを選ぶときの判断基準をまとめた記事はこちらです。