フコイダンとは? 生態と特性について

What’s Fucoidan?

天然成分「フコイダン」とは、硫酸化多糖類の一種であり、昆布やワカメ・もずくなどの褐藻類の表面を覆う「ヌルヌル成分」に含まれる粘質多糖類、いわゆる食物繊維の一種です。 フコイダンは、海藻が潮流や砂、紫外線などの外的刺激から自らを守り、乾燥や細菌を防ぐバリアの役目を持っています。また、ダメージを受けた組織を自ら正常な状態に戻す機能を備えています。この優れたバリア機能と自然治癒力が、わたしたちのカラダをしっかり守り、免疫力をアップさせてくれます。

tonga_mozuku

トンガ王国産モズク

褐藻類のフコイダンはフコース、キシロース、ガラクトース、ウロン酸等(褐藻類によってはマンノースも含む)硫酸基で構成されています。 フコイダンについては未だ明確な定義付けがなされていませんが、通常、構成糖にフコースのみを持つものを「フコイダン」フコース以外の糖を含むものを「フコイダン様多糖体」と称しています。 「フコイダン」は生活習慣病やアレルギー疾患の増加とともにその需要は高まり、現在、注目されている素材の一つですが、フコイダンが生理機能を発揮するには13%以上の硫酸基が結合していなくてはなりません。

ecology